不倫を終わらせる別れの言葉

長く連れ添った夫とスッカリ空気のような関係。
家族は必要だけれど、久しぶりに妻ではなく女として見られたり、キュンキュンしたいと刺激を求めたい・・・。

 

自立した女性が活躍する現代社会ですから、当然そういう女性は多く、悪気は無くても、気がつくと「不倫」という関係になっていた〜ということもありますよね。

 

ところがその不倫と彼とだって、最初は良くてもいつまでも楽しい関係が続くとも限りません。
いくら新しい彼だって、付き合ううちにマンネリしてきますし、引き際も見えてきたりします。当然、夫や家族にだって絶対バレたくない!!

 

賢い女性は、最終的な(別れの方法)も知ってから「不倫」をしたいもの。
「不倫を安全に終わらせたい」「このまま誰にも気づかれずにスンナリ別れたい」でも、どうしたらいいの??
今回は、そんな方のための上手な別れの方や別れの言葉についてご紹介します。

 

 

自分の個人情報は、不倫の彼には最初から「限定」で教える。

→心理学的に「ちょっと本当の話を混ぜれば罪悪感なく嘘がつけるし、相手にも嘘と気づかれない」といいます。
大人な貴女が最初から家庭を壊すつもりは無く「はまらない程度に」と思ってはじめた不倫の恋。ならば最初から自分の個人情報は小出しにしつつ、最低限にしましょう。時には上手に「はぐらかして伝える」という方法をとりましょう。

 

そもそも、恋愛は多少相手の事が分からないぐらいの「ミステリアス」な関係の方が盛り上がるというものです。そのスタンスでいると、不倫の彼の方が「もっと貴女を良く知りたい」と思ってくれますので、最初から自分優位な不倫の恋ができます。

 

 

不倫の彼とのメールから夫にバレないように、万が一、夫が貴女の携帯をチェックしたとしても、バレない方法を工夫しておきましょう。

オススメは、不倫の彼とは携帯ゲームのメッセージ機能を使って、連絡を取る事です。
→不倫の彼に不自然に思われないように、「このゲームやってみたら面白かったの。一緒にやらない?」とか、「紹介者にはポイントが付くんだけど〜、紹介してもいい?」などと伝え、一緒に携帯ゲームを始めるといいでしょう。

 

GREEなどがオススメです。GREEのサイトの中で偽名でメッセージをやり取りできますし、不特定多数のゲーム仲間からメッセージがくるので、「個人」を特定される事はありません。
万が一、不倫の彼からの「愛のささやきメール」を夫に見られても「恋愛ゲームだから」と、堂々とごまかせます。

 

 

不倫の彼に、自宅や自分の職場。ましてや夫や家族、友達などは、絶対に教えない。

→思いがけず不倫の彼がストーカー体質だった場合、なにが起こるかわかりません。絶対に自分の周りの人間と不倫の彼が繫がらないようにします。
フェイスブックなどは、いつのまにか繫がっていたりするので、絶対NG。不倫の彼には「フェイスブックはやっていないんだ〜」といい、最初から、不倫の彼が見られないようにブロックしておきましょう。

 

 

1)〜3)までを徹底して守り、楽しく禁断の恋を楽しんでください。

その上で、いよいよ別れようと思ったら、簡単です。
以下の二つの方法が考えられますが、その時の不倫の彼の性格や、彼との関係性によって使い分けてみて下さい。

 

自分から消える方法→自然消滅するように、いままでの連絡手段をすべて断ち切りましょう。貴女個人を特定されない方法で続けてきた不倫ならば、それで終了です。あえてトラブルになりがちな「別れ話」を切り出す必要もありません。好きという感情を相手に抱かせたまま、貴女から消えましょう。彼の中にも貴女は「良い思い出」になる事ができます。

 

相手に消えてもらう方法→「私、妊娠したみたい。でもご免なさい。誰の子どもか分からないの」と言いましょう。たいていのオトコはめんどくさくなって消えてくれます。もし責任を取りたがったら、「迷惑かけたくないから・・・」といって、貴女からいままでの連絡手段を断ち切り、消えてしまいましょう。

 

以上です。まとめとしては「別れる」に至る前の根回し、事前準備だ大事ということです。大人として、自分のことは自分で守れるように賢い恋をしてください。

 

彼の奥さん・周りの人.・友人にも知られるわけにはいかない

秘密の不倫生活は、彼しか相談相手も、信じる人もいない閉じた状況

「誰にも相談することができない」ということは、不倫の恋を続ける上で大きなストレス

それがうかつな行動につながってバレてしまったり、彼の気持ちが離れていってしまったりしてしまうかも

そんな時には当たると評判の大手占いサイトで不倫について相談してみませんか?

不倫専門の占い師も選べれて電話一本でコッソリ相談できちゃうんです!

好きな人の未来をプロの占い師の先生に尋ねてみましょう♪

関連記事一覧